ロッテスのトロールについて考える

ロッテスのトロール 黒緑
クリーチャー ゾンビ・トロール 2/1
トランプル
クリーチャー・カードを1枚捨てる:ロッテスのトロールの上に+1/+1カウンターを一個置く。
黒:ロッテスのトロールを再生する。

2マナ2/1再生トランプルのゾンビ
この時点でコストパフォーマンスは十分。
ゾンビデッキは前のめりなところがあるので、こういうナイスなブロッカーがいると安定性が出る。

で、問題なのがもう一つの能力。
クリーチャー限定の共鳴者、しかもサイズ修正がターンで終わらない野生の雑種犬。
こう書くと強そうなのだが、さてどうだろう。

普通のゾンビビートに入れてみた感じは……
クリーチャーカード捨てるなんて論外。でしたw
墓所這い以外に捨てたいクリーチャーは存在しないんだよね。大体カード1枚捨てて+1/+1するだけとかよく考えると糞弱い。
この能力を使うためには専用のデッキを組んでいく必要がある。

最有力候補はリアニメイトでしょうね。
手札に来てしまったファッティを確実に捨てることができ、再生で序盤の防御を固めてくれる。
更に太ってしまえば自分で勝負を決める可能性もある。

前環境の堀葬の儀式を使ったリアニメイトは、カードを捨てるために信仰無きものあさりを入れていた。
このせいで白黒赤緑の4色デッキとなっていたことが大きな弱点。
しかしコイツがいれば赤を抜いて白黒緑でまとめることも可能かもしれない。
忌まわしい回収でライブラリー掘る能力も上がってるしね。

復讐するファラオと共存してればもっと暴れてたのにと、ちょっと残念だw

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック