ゴルガリの死者の王、ジャラドについて考える

ゴルガリの死者の王、ジャラド 黒黒緑緑 2/2
伝説のクリーチャー ゾンビ・エルフ
あなたの墓地にあるクリーチャーカード1枚につき+1/+1
1黒緑 他のクリーチャーを生贄に捧げ、タフネス分だけ対象のプレイヤーのライフロス
沼と森を生贄にして墓地から手札に戻る

新セットに収録予定のクリーチャーである。
コイツと、新メカニズムの活性(墓地のクリーチャーを追放して+1/+1カウンターを乗せる)を見ていると、青緑発掘デッキ使いとしてはウズウズとしてくるものを感じる。

ライフロス、墓地からの復活
どちらも喉から手が出るほど欲しい能力なのだけれど、青緑発掘にそのまま突っ込むのはまず不可能
だって沼入らないしw 黒黒緑緑は出せないこともないと思うけどねぇ。

となると新しいデッキを組むしかない。

問題はどうやって墓地を肥やしていくのか。
夢のねじれ・追跡者の本能・甲冑のスカーブ
青緑発掘で墓地を肥やしているのは全て青絡みのカード。こいつらが使えないとなると機能不全である。
追跡者の本能はデッキのアドバンテージ原
甲冑のスカーブは防御と墓地肥やしの両立+デッキのクリーチャー密度を保つ
夢のねじれはデッキスピードを環境レベルまで上げてくれる

追跡者の本能・甲冑のスカーブはタッチ青という形で何とか入ると思う、問題は夢のねじれのスロットをどう埋めるか。

で、いろいろ考えて見るに現状では「根囲い」しかないと思う。
根囲いは初期の青緑発掘には採用されていたけど抜けていったカード。その理由は2つ。
その1 序盤に引くと嬉しいが、中盤以降手札に土地がきても嬉しくない
その2 手札に来ると働くが、直接墓地に落ちると完全に無駄
この2つの弱点のうち、その1に関してはジャラドの存在で克服できる
ジャラドは復活に森と沼を要求するので、中盤以降の根囲いで土地を増やすことが大きなメリットになる
その2に関してはどうしようもないが、片方だけでもシナジーが残れば万々歳だろう

まーでもデッキに入って2枚が限度だろうなー
とにかく動き出しが遅い印象がある
外だと夜明け歩きの大鹿やが候補に上がってくるかな
生贄にして墓地をこやしつつ、土地を場に出せるのはジャラドと最高のシナジーだと思う

現状の青緑発掘に入ってるカードでジャラドとの比較になるのはケッシグの檻破りかな
どちらもゲームを終わらせる性能を持っている

ケッシグの檻破りは殴れれば勝ちだけど除去されたら終わり
ジャラドは除去されても帰ってこれるけど、フィニッシュには他のクリーチャーを必要とし、即起動には7マナと重い
一長一短だなぁ
復活できるとは言っても、テンポもアドバンテージも失ってだしねぇ

活用に関してはないよりあったほうがマシ程度の評価になるだろうなぁ
全般的に重いし、墓地のクリーチャーカード1枚減らしてやることなのかって気がする
まぁ屍肉の刻み獣なんかは素が優秀なんで入ってくる可能性は高いけど

印象としては、黒緑発掘は青緑発掘よりだいぶ攻撃的なデッキになると思う
青緑発掘はビートに見えて、墓地経由のアドバンテージでボードを有利にしていく中速のデッキだからねw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック