理想と現実

基本的に攻略記事を書くとき、私は理想を語っています。
つまるところ、書いてあることすべてを私が実践出来ているわけではない。

しかしそれでいいと思うんですよ。
はやみかは口だけだなってみなさん言うでしょうけど、自分を基準に話していくと、どうしたって話が矮小化しますからね。
理想がなければ物事が良くなることは絶対にない。
現実に対処するだけでは悪くなっていくのを止められない。
これが持論ですので。

それに、自分にはできなくても、出来る人がいるはずだと思うからです。
高い能力があっても、そのアイディアに気がつかない人がいる。
一方で、アイディアがあっても、それを実践する能力がない人がいる。
これは当然だと思います。
この二人がコンビを組んだとき、大きな物事が動く。そんな事例は歴史上いくらでも転がってますね。
(関係ないですが、週刊ヤングジャンプで連載が始まった、デストロイ アンド レボリューション「森恒二」はそんなお話になりそうで楽しみにしてます)

要するに自分の考えを実践してくれる人がいたらいいなってことで、理想を語っているのですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック