ホバーの使い方

といか着地タイミングのずらし方。
着地タイミングには主に3パターンあります。
あ、その前に、これからする話は2段ジャンプがほぼ前提です。1段ジャンプからの着地をタイミングずらしても、ほとんど意味がありません。調節できる幅が短すぎるからね。
逃げるときは基本2段ジャンプしたほうがいいです。もちろんジャンプ性能の悪いキャラはそもそもジャンプして逃げるの禁止w
よく居るんですよね、逃げる場面なのに1段ジャンプして着地取られる人。確かに1段から空中ダッシュしたほうが早く逃げられます。でも、その結果着地を狙われるんじゃ意味ないですよ。

で、3パターン。
1)最速着地
2回連続でしゃがみ入力を入れる。タイミングが遅いと当然降りるのが遅くなるし、早すぎても下降が反応しないので、ベストなタイミングを見つけるべし。
ちなみに近距離と遠距離でタイミングは変わります。
これが基本。なるべく早く着地硬直を終わらせるのは大事なこと。

2)レバー横入れ。
レバーを横に倒しっぱなしにして、ゆっくりと降りる。そして相手の出方によってそこから着地を入れるかどうかの判断をします。
これも基本。横移動量が大きくなるので、上下に強い攻撃で下降中を狙われてもまず当たらない。
このことをホバーと表現する場合もあります。

3)ホバー
レバーを開いて着地を遅くします。レバーを開いてから一定時間効果が遅くなりますが、開きっぱなしだと通常の降下速度に戻ります。なのでゆっくり降りたいときは連続で開く必要あり。
これは例外的な手段です。タイミングをすらしていくためのもので、本来は使いません。

さて、そのホバーの使い方。
ひとつは2のパターン。レバー横入れからホバーする場合。
レバー横入れて相手の出方を見ているときに、相手が真下でダッシュ攻撃をした。今場面で着地したら死にますよね? そんな時にホバーでタイミングをずらす、緊急回避的な使い方です。
これが出来るようになると、かなり着地は取られにくくなります。

そしてもうひとつは最初からホバーを入れておく方法。
これをやっている人は少ないと思うので、ちょっと解説しておきます。
2段ジャンプからの空中ダッシュをキャンセルした直後、1回だけホバーを入れます。これだけでかなり着地のタイミングが変わってくる。
例えばホバーしたあとしゃがみを2連打して着地すれば、今までよりちょっと遅いタイミングで着地することになります。
上下誘導の緩い攻撃を垂れ流して、こちらの着地を狙ってくるタイプに効果的。
具体例はテムジンの立ちカッターですかね。立ちカッターはゆるく上下に追尾する結果、相手のジャンプ下降に追いつく感じで着地を取ることがあります。
この時、最初にホバーを入れているとカッターが上空を飛ぶ時間が長くなり、上にひきつけられて、その後の降下についてくることができません。

まぁこんな感じで、着地開始に1回ホバーを入れるだけでかなり着地タイミングの幅が広がります。
着地の広範囲ホバーを入れる場合は、高度が低いために、横移動が止まるというホバーのデメリットをもろに受ける感じになります。
その点、前半にホバーを入れておけば、後々調整できる幅も広がるし、高度が高い分横移動がなくても安全です。

そんなわけで、降下開始直後のホバー、オススメです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック