連続近接

遅い、ホーミング性能悪い、決め打ちじゃないとでないと、何に使うんだと言われ続けてきた連続近接(右や左のトリガーを連続で引くと、近接が出る奴)有効な使い道があったらしい。

普通の近接は相手がジャンプしてロックが外れると追尾しない。しかし連続近接だけは例外である。
連続近接は相手を見失っても、ダブルロック距離内であれば追い続ける。
つまり、Aキャンで相手を追いかけると、ジャンプされた場合に追尾が外れてしまうが、連続近接なら相手を追いかけ続けるわけ。

もちろん相手が飛んでるから切ることはできないんだけど、相手の真下に潜り込めるというメリットがある。
そこで2段目をジャンプでキャンセルして空中ダッシュ攻撃を狙えば・・・当たるかもしれない。
2段目からジャンプ近接に繋げることも可能なので、夢が広がりんぐである。
特に有効そうなのは2段目を即キャンセルしてのスラ攻撃かな? 近接振る前の振り向きだけ利用すると、回頭性がカバーできる。

とにかく見失った相手を自動で追いかけられるというのは大きなメリット。
今後の研究次第では化けるかもしれない。近距離のEXR回避潰しに対する一つの選択肢になるかも。


エンジェランとしては涙目になる可能性が高いのであまり研究してほしくないですがw

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック