ジャンプ氷柱

最近ジャンプ氷柱がお気に入りで研究してます。
2段ジャンプだと判定が下に出ない(届かない)のでまったく当たらないジャンプ氷柱ですが、1段ジャンプだとジャストの高さにでます。
一番良い所はものすごく近くでも当たるって事。ジャンプしたときに距離計で80以遠なら当たる。ちなみにこれは地上だと30というほぼ密着距離。
同じように使える攻撃として、空中ダッシュ氷柱があるんですけど、こちらは2段ジャンプだと距離150ぐらい。1段だと密着でも当たるけど、危険すぎます。
もう一つのいい点は、置けるって事。空中ターボ旋回は早いから、かなり自由に相手を狙うことが出来る。
弱点はこけない(ノックバックはする)こと、着地が危険なこと。

具体的な使い方は、200ぐらいの近距離から漕ぎ逃げするときに、追いかける相手の進路上に置く感じ。
空中氷柱の位置は相手側から全く察知できないので、相手は感で避けるしかないという、かなりの凶悪兵器。
空中ダッシュ氷柱の場合、必ずエンジェランと相手を結ぶ直線状に氷柱があるんですけど、ジャンプ氷柱はそんなの関係ないですからね。

さらに言うと、ジャンプLTLWとの2択がかなりエグイ感じです。
7WAYを予想した相手は、必ず右斜め前ダッシュ(エンジェランから見て左)で距離をつめてきます。このわかりやすい機動に対して、置くわけです。

先ほど着地が危険といいましたが、空中漕ぎ保存+ミラーがあれば、さほど硬直は取られません。特にテムジン、バトラー、フェイ等に有効でしょうか。
特に空中漕ぎをしていて、相手と進路が交錯するようなとき、つまり逃げるのに失敗したときに出しておくと当たります。外れたときは逃げ成功で距離が離れているわけですから、これはこれでよし。
空中右移動中は7WAY。左移動中は氷柱がおのおの強いですね。

もう一つの使い方は、大きな壁に入ろうとする相手に置きます。
どんな大きな壁でも抜けてくれるので、油断して相手が足を止めればヒットです。特にブレス龍を出した後、相手が壁に向かって走ってくれると当てやすい。
また、わざと中距離から出して、ジャンプ氷柱を見せるのも有効です。相手は必ず壁から出てくるので、着地からのレーザーを狙う好機となります。
洞窟面なんかでよくお世話になってますね。まぁこの用途の場合ジャンプ大氷柱の方がいい気がしますけどw

最後の使い道は硬直取りですか。距離が近すぎて、空中前やダッシュ氷柱では取れないとき、結構安全に狙うことが出来ます。

基本的に出が遅く、弾速もホーミングもしょぼいので、強い武器ではありませんが、使い所は結構あります。
試しに使ってみてください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック