ガールズ&パンツァー最終章 第1話見てきました。

いやーついに地元でもごちうさの映画がやるんですよ。
というわけでガルパン最終章を見てきました。
画像

悔しいけど結構お面白かったですね。
前作の劇場版は全く面白いと思わなくて、40点ぐらいだったんですが、今回は70点あげちゃう。

最終章6話の序章として見てもいい出来だったし、48分と短いながら十分映画として成立していた。
OP見た時点で70点で、そこから減点なしで70点のまま。

ここからネタバレ







目的が桃の浪人を防ぐってくだらないのがまずいいですねw
もう廃校云々はうんざりしてましたから。
あとOPが素晴らしくかっこいいです。
戦車のリアルな描写は今までのまま。短い尺の中で、じっくりエンジン音を聞かっせるシーンが有り、ファンサービス精神が素晴らしいですね。

お話の筋も、仲間集め→試合とTV版のテンプレートをなぞっていて安心感がありました。
そしてこの流れは七人の侍と同じなんですよね。

最後の試合は途中で終わってしまうんですが、ちゃんとピンチを切り抜けて終わるところが良かったです。
ピンチになって、続きは次回!ってのはテレビでは許せても、映画では許しません。それだけで減点50つけます。

敵のBC学園(フランス)も良かったですね。
弱点を見せて敵を誘致し、機動力で包囲する。ナポレオン戦術の基本を守ってくれているので、おお!っとなりましたよ。
そこから犠牲無しで抜け出すのはどうかと思いましたけどね。マーク4はあそこで退場でよかったんじゃ?まぁ2話で見せ場があるんでしょう。

これは2話も期待だなぁ。

ところで関係ないですが
画像

ここあさんだけ売れ残りすぎwwwwwwwwww
ごちうさは来週見に行きまーす。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック