効率のよい南蛮貿易 北回りルート

ついにユーラシアの北回り航路が実装されましたね。
リスボン起点で見ると北周りの方が時間がかかるので利用価値ゼロですが、北欧やブリテン起点だと北周りの方が早く到着するようです。
ネデ人イング人にとっては待望の交易ルートといえるでしょう。
そこでおすすめの物品

積み込み

☆カテゴリー3
陶磁器(コペンハーゲン) 日本・台湾→A 朝鮮→B

銀細工(コペンハーゲン・リューベック) 華南・朝鮮→A 日本・台湾→B

トンボ玉(アムステルダム)日本・朝鮮→S

宝石細工(ハンブルグ)華南・朝鮮→S 日本・台湾→B

高級衣料(アントワープ・カレー)華南→A 日本・台湾・朝鮮→B

高級家具(コペンハーゲン)華南→B

ガラス細工(ダブリン) 日本・台湾・朝鮮→A 華南→B アムステルダムの水晶から生産可能

アルケブス銃(ブレーメン)日本・華南→B

火薬(フローニンゲン) 華南・台湾→B

ゴブラン織り(カレー)華南→S 日本・台湾・朝鮮→A

西洋甲冑(ロンドン) 全文化圏→A

☆カテゴリー4
琥珀(ブレーメン・コペンハーゲン・リガ・ダンツィヒ) 華南→A 日本・台湾・朝鮮→B

ローズ(カレー) 全文化圏→B

一番使える港はコペンハーゲンですな。琥珀を積み込んでよし、陶磁器と銀細工と高級衣料を同時に積み込んでよし。
アムステルダムのトンボ玉の有用性も大幅に上がりますね。水晶をガラス細工に加工するのもありかもしれません。
ハンブルグの宝石細工。ダブリンのガラス細工も注目でしょう。

持ち出し
ネーデル 狭織 綿竹年画
ブリテン 提灯 呉須手
北欧 古墨

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 南蛮貿易攻略のポータルページ

    Excerpt: 記事が増えてきたのでざっとリンクをまとめておきます。 Weblog: 胡桃割り動画 ~はやみかさんのおうち~ racked: 2014-03-01 03:33