聖トラフトの霊の弱点

現スタン環境最強生物の聖トラフトの霊だが、こいつには弱点がある。

スバリ!

スバリ!

スバ・・・まぁ大したことじゃないんですよ。
要するにブロッカーとしては全く役に立たないって点なんですね。
つまり相手が守勢に回る状況を作ることが出来れば、ある程度その弱さを利用できる。

前環境の青白デルバー基本アグレッシブにまわせて守勢に回ることがなかったから暴れていたわけですが、赤黒ゾンビと言う更に早いデッキが台頭したことでその優位がかなり落ちた。
今回トラフトを使うデッキがどうなるのかわかりませんが、間違いなく前の青白デルバーよりは遅いデッキになる。
それなら恐れる必要はないじゃんあはは、と思いたいのだけれど、ここで一つキーになるカードがある。

それはアゾリウスの魔除け。
使ってみた人わかると思うけれど、このカード1枚で相手のテンポはガタ落ち、あっという間に攻守が逆転してしまう。瞬間詠唱で2回打たれたりしたら、かつてのすき込みを思い出すほどの拘束になる。

攻撃する時にはあまり意味のないカード(相手のブロッカーはトップに戻されても次のターン直ぐ機能する)という弱点があるのだけれど、トラフトにとって相手が防御に回ってくれることは願ったり叶ったりなんですよね。
その時点で相手の敗北は始まっている。

つまりこいつをどうにかしないとトラフトの爆走を止められそうがない。
というわけで、アグレッシブなビートには強迫の搭載を奨めする。強迫でこいつを落とせるかどうかでビート対トラフトの勝率は大きく変わると思う。
もちろん瞬唱の魔道士で再利用されてしまう危険はあるのだけれど、アゾリウスの魔除けを2回打たれるよりはだいぶマシ。

そしてもうひとつおすすめしたいカードが祭壇の刈り取りである。え?なんで?と思う人もいるだろうが、こいつで生贄に捧げてしまえば、ドロ-が止まるという弊害を防ぐことができるうえに、アドバンテージでもプラスになるからだ(相手はカードを1枚失いこちらは2枚失って2枚引ける)。その上生贄に捧げる対象が不死だったら?
もうウッハウハである。

というわけで、ビートデッキはなしかしらアゾリウスの魔除けに対処できるカードを積んでおかないと、トラフトを使うデッキはもちろん、低速の青白コントロールにも不利を強いられることになると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック