ラヴニカ環境の 緑黒ゾンビ その4

http://thadopp.at.webry.info/201209/article_25.html
こっちも回してみた。

・死儀礼のシャーマン
後半回り始めると鬼強い。不死や瞬唱を使うデッキに対しては決定打になりうる。
ただしビートに参加するのはほぼ無理+マナを使うのでテンポを阻害する。4積みはやり過ぎ。
コントロールで採用したほうが強いかも。

・突然の衰微
弱い。とりあえずスタンダードには居場所がないと感じた。腐ることはないけれど、コレで除去して嬉しいものが殆ど無い。

・ゴルガリの魔除け
クソ強い。基本手札で腐ってるのだけれど、ハマった時の強さが半端無く、コレ1枚でゲームをひっくり返す場面が多々あった。メイン4積みでも問題ない気がする。

・ロッテスのトロール
まぁ想像通りの弱さ+強さ。生物を捨ててパンプする場面はほぼなし。墓所這いとのコンボでようやく使い物になる。
だだし再生はやはり強い。墓所這いの再召喚目標としては超がつくほど優秀。再生のテンポ阻害はそこまで気にならなかった。

・殺害
やっぱ無理w 重すぎw でかい生物は陰鬱悲劇的な過ちで対処するしかないかなぁ。

・血の芸術家
生贄システムがないし、ゴルガリチャームとの相性の悪さが目立つ。

・情け知らずのガラク
回りだすと鬼。対コントロールの切り札的存在。

というわけでこんな感じに修正。

クリーチャー 21
墓所這い 4
戦墓のグール 4
死儀礼のシャーマン 2
ロッテスのトロール 4
ゲラルフの伝書使 4
吸血鬼の夜鷲 3

プレインズウォーカー 3
情け知らずのガラク 3

スペル 14
怨恨 4
ゴルガリの魔除け 3
悲劇的な過ち 4
祭壇の刈り取り 3

土地 22
沼 10
森 2
森林の墓地 4
草むした墓 4
魂の洞窟 2

デッキの潤滑剤として祭壇の刈り取りを追加。墓所這いに対して飛んでくる火柱や終末に対応して使ったりできて便利。アゾリウスチャームに対応したり、衰退の宝珠にたいして使うことも多い。
マナベースは結構きつい。進化する未開地は遅すぎて話にならなかった。
伝書使が呼べないもしくは緑マナが出ないことになって結構つまづくので、まだまだ見直しが必要。
でっかい生物が厳しいので、サイドに殺害はどうしても必要かなぁ。

赤黒と比較すると、こっちの方が安定した強さがあると感じた。
てか、ゴルチャ・過ち・死儀礼のお影でゾンビのミラーマッチには鬼のように強い。
ゴルガリチャームのお陰か、回してる感覚がビートというよりクロパに近い。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック