青緑発掘デッキに対する考察

青緑裂け木の調整をしていく上で躓いた点をまとめていこうと思う

その1 骨塚のワームと金切り声のスカーブ
メインの戦闘クリーチャーとして
裂け木の恐怖 4
ケッシングの檻破り 2
グール木 3
これを採用することには何の問題もなかった。
檻破りは重すぎて2枚以上は入らないし、グール木は終盤ラッシュをかける場面では心強いが、出せるまで手札に腐る傾向が強く3枚がベストと感じた。

問題はそれに追加して骨塚のワームを加えるべきかどうかという点。
そしてそれを入れない場合、墓地肥やしを高速化するために金切り声のスカーブを入れるべきか?と言う2点で非常に迷った。

相手がナヤアグロやステロイドといったビートダウンやデルバーなどのクロックパーミの場合は、間違いなく金切り声のスカーブが強かった。
なぜかというと、2ターン目に骨塚のワームをプレイしてもせいぜい2/2、下手すると1/1となってしまい、4ターン目を超えるくらいまでは唯の置物、熊以下の存在だから。
それに対して金切り声の場合は2/1の死んでも構わないブロッカーとして存在し、その上墓地も肥やしてくれる。チャンプブロックすれば墓地3枚カードが増えるわけで、齧り付きでの回復量が大幅に増加する。

しかし相手が除去満載のコントロールだと話は変わる。
コントロールの場合避け木も檻破りも除去されてしまうため、追加の勝ち手段としての骨塚ワームやグール木の枚数が重要になってくる。
結局はメタ次第なんだけど。

その2 除去
除去は入れないといけない。しかし普通のインスタントやソーサリーでは問題がある。
なぜならこのデッキの場合ライブラリーの2/3程度が直接墓地に落ちてしまうから。つまり3枚入れても引けるのは1枚だけ。そして3枚も入れるとデッキ全体のクリーチャーが減ってしまい、デッキスピードが大幅に落ちる。
そこで採用できるのはフラッシュバックがついているか、クリーチャーである除去だけ。
クリーチャーなら追跡者の本能でサーチできるため、少ない枚数でも問題がないし、フラッシュバックは墓地に落ちてくれるからむしろ引きやすくなる。

のだが、どちらもまともな候補がないw

クリーチャーの場合、CIPで除去できるのが理想なのだけれど、青緑だとまずない。
霊気の達人は所詮バウンスだし、ファイレクシアの摂取者は最高の解答だが7マナは無理w
というわけで仕方なく採用しているのが地下牢の霊とウルヴェンワルドの足跡追い。
どちらも除去されたら終わりだけど、たいていのクリーチャーには対処できる。
こいつらを除去してくれれば、裂け木とかが生き残るし、マナとカード1枚使わせて墓地が1枚肥えるなら悪い交換じゃない。

フラッシュバックの方も本当に候補がない。
唯一使えそうなのは霊炎ぐらいだけど、さすがに1点はなぁ。インスタントで飛ばせるってのもいいんだけどね。

で、もう一つの除去として候補だったのが虚無の忍び寄り。
クリーチャーであり、ライブラリーに戻す擬似追放と強力なんだけど・・・。
使ってみるとひたすらに重くて遅い。1マナ+タップ2マナの足跡追いはいくらでも使う隙間があるけれど、2マナ、タップ3マナは想像以上に重いね。

その3 死後の一突き
リアニメイトして速攻を与えるソーサリー。
これで墓地に落ちた檻破りを持ってきてワンパンすれば勝ちという素敵スペル。
檻破りは殴りさえすれば確実に勝てる最強生物なんだけれど、1ターン生き残らないとだめっていうのが厳しい所。
しかし死後の一突きがアレば、除去されても戻ってくる、直接ライブラリーに落ちてしまっても無問題、その上速攻もつくといいこと事だらけ、なのだが・・・。

いかんせんフラッシュバックのないソーサリー。例のごとく3枚入れないとうまく機能しない上、序盤は全くの紙くずなのだから、ビート相手に入れていると押し負けてしまう。
コントロール相手には強いけど、結局インスタントで除去されたら終わり。
というわけで非常に入れにくい。そこで次の問題点。

その4 神秘の回復
神秘の回復さえあれば、墓地に落ちてしまったスペルを回収することができるので、少数入れたスペルでも使うことができるようになる。むしろ墓地経由のサーチにもなるので、シルバーバレッド戦略すら狙える。

死後の一突き2枚と神秘の回復1枚を入れたバージョンはそこそこ安定して動いた。
さらに2枚神秘の回復を入れる場合だと、サイドボードから対策スペルを入れることでかなり幅広い対策が可能になって柔軟性が凄く増した。

のだが・・・。結局、序盤に無意味、デッキスピードを落とすと言う欠点は変わらず。
今のスタンダードのスピードが早すぎて採用は難しい。

その5 墓地対策スペル
正直今の環境は墓地対策スペルはあまり採用されていない。採用されていても黒絡みに黒爆弾が2枚程度なので問題ない。他のデッキが採用するのは外科的摘出ぐらいで怖くない。

と思っていたのだけれど、やっぱり黒爆弾をひかれたら死ぬし、外科的摘出で齧り付きをねらわられると即死することが判明。ただでさえ対処しにくい墓地対策スペルにどうすりゃいいんだよ!とぶちきれて居たのだけれど、両方共1マナのスペルだということに気がついた。
というわけで精神的つまづきを採用。否認を入れてみたこともあったけれど、デッキコンセプト上2マナを残して展開するのは不可能だった。しかしつまづきならフルタップしても問題なし。意外と恐ろしい1マナスペルは他にもいっぱいあるしね。

トーモッドの墓所は0マナだって?
ハッハッー!そんなもの入れてるデッキに負けたら諦めればいいさ!

その6 飛行クリーチャーに対する対策
メインのクリーチャーが全て地上であり、デルバー1匹にも殴り殺されるのがこのデッキ最大の問題点。
ただでさえ薄い除去をそんなもの相手に使ってる暇はないし。
そこでこっちも飛行クリーチャーを入れる必要性を感じた。

最初に検討されたのは枷霊。3/4と現状荒ぶってる飛行生物の殆どに対処できるサイズ。
ただやっぱり3マナは重すぎてデルバーのバウンスに対抗できず+生物が並ぶデッキなので1マナ支払いが痛い。ということでお蔵入り。

次に候補になったのは、スカーブの殲滅者と縫い合わせのドレイク
つーか殲滅者は最初から入ってたが・・・
どちらもバウンスに弱すぎw ドレイクはともかく殲滅者は毎回3枚リムーブとか、いくら墓地肥やしがクソ早いデッキでも無理w

で、結局軽い飛行クリーチャーじゃ無理ってことになり、標的は蜘蛛に。
最初に採用されたのは絡み線の壁。2マナ0/6と良いサイズなのだが、毎ターン緑マナを要求するのはきついし、結局相手のクリーチャーが場に残ってしまう。それにアーティファクトだから除去されやすいと不満だらけ。

そこに現れた救世主が命取りの出家蜘蛛。
到達接死で2マナ!しかもタフネス2あるから、デルバーが採用するはらわた撃ちで死なない。
まさに理想的。大抵相打ちで死んでしまうけれど、むしろ墓地が肥える分壁よりずっといい。

他にも似たような性能のエズーリの射手も採用。こちらはブロックするとパワーが4に。
デルバーはもちろん、修復の天使とまで相打ちとまさにイケメン。1マナとは思えない性能。
しかし、地上クリーチャーも殺せる蜘蛛と違って地上ではゴミなので、サイドに行ってもらいました。

とは言えどちらも先制攻撃に勝てないって共通の欠点があるんだな・・・。ルーン槍怖い。

その7 土地のバランス
サイドから古の遺恨と天啓の光を採用したいので、白マナと赤マナが必要。二色土地を大量投入すれば何とかなりそうだけど、お財布的に無理w 
というわけで揺らめく岩屋を採用。真鍮の都があればそっち選ぶんだけどなぁw 最初は4枚だったけど引き過ぎる感じなので3枚。しかし3枚だと微妙に引けない時もあって不安なお年ごろ。

そこで最近検討中なのが夜明け歩きの大鹿からのサーチ。墓地が肥える+ライブラリーから土地を減らすことでドロ-の質の向上、1マナ加速。まさに理想的。
一時期マナクリを抜いてこれだけに頼ってたこともあるのだけれど、それに気がついた友人が除去をコイツに撃つようになって事故りまくりw
現在は岩屋に戻して保留中。

土地の枚数は22枚がベストでしょう。出来れば減らして20枚ぐらいにしたいんだけどなぁ~。

その8 除去対策
1)フィニッシャーの数を単純に増やす→骨塚のワーム
2)死んでも生き返らせればいい→死後の一突き
とやってきたけどどちらもいまいち他にも色々対策をやってみた
3)呪文滑り
1回限定だが非常に強力。ついでに怨恨等の強化呪文も奪える。2マナと軽い。
問題はアーティファクトってことぐらい。コイツは採用してもいいが、入れる場所が難しい。
4)エルゴードの盾の仲間
強いんだけど重い。
5)迫り来る復興
墓地のクリーチャーが全て手札に戻るスーパーアドバンテージ。
今考えてるのは迫り来る復興かな~?

その9 要鉄の尾のマスティコア
ここで使わなきゃどこで使うんじゃってことで入れては居るんだけど、維持コストが重い、起動能力が重すぎて1ターンに1体しか除去できないと、どうにも使い勝手が悪い。
迫り来る復興とのコンボ(墓地に落ちたマスティコアを復興で回収し、さらに復興で引いてきた手札を維持コストにする)は強いんで、そこかなぁ~。
戦闘を封じるデッキ(ターボフォグやヴェンセールコントロール)相手の勝ち手段としては優秀なんだけどねぇ。

その10 戦闘を封じられた場合の対処。
1)マスティコア ちょっと遅すぎる
2)研究室の偏執狂 知らない相手には奇襲的に決まるけど、バレてるとインスタント除去構えられて終わる
3)ライブラリーを全部削ってからの赤太陽頂点。カウンターされたり墓地に直接落ちたら終わり。
どれもイマイチで決め手にかける。

こんなところかなー。
クリーチャーとフラッシュバックスペルのみって狭いプールだけど、いろいろ悩ましくて調整していて面白いね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック