尖閣ビデオ流出問題

公開された内容は予想通りな感じでしたけど、この事件で重要なのは、
「マスコミと政府が共謀して隠そうとした事実が、ネットを通じて公開された」
この点でしょう。
もはやマスコミをつかった情報統制は不可能ということです。
マスコミは企業ですから、政府から放送権を取り上げると脅されれば何もできません。
そこにいる個人も企業論理や個人の幸福を追求する結果、捏造報道をすることがある。

しかし、ネット上の不特定多数の正義感を、政府やマスコミがコントロールすることはできないと証明された。

思えば、小沢さんがマスコミではなく、ニコニコを使って発言したことも大きな事件です。
マスコミの報道は編集によって歪められる可能性があるが、ネットでのリアルタイム配信にはそう言った外部の介入がありえない。
やっと資本系マスメディアに対するチェック機能が誕生したってことかもしれません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック