空中ダッシュ攻撃後の下降はオラタン一安全だという話

ダッシュ攻撃のあと大きな硬直があるのがオラタン基本ルールの一つ。
エンジェランはありませんけど、それは静止した後の話で、射撃後のフォロースルー(操作を受け付けずただ移動する時間)はむしろ長いです。
で、地上では致命的なこの硬直だけれど、空中だとむしろ超安全なのです。

空中ダッシュ攻撃後レバーを横に倒しっぱなしにしましょう。空中ダッシュ攻撃、終了したあと着地するまで相手を補足し続けるという性質があります。つまりレバーを横に倒しておくだけで、敵を中心とした円運動をすることになります。
オラタンの武器は誘導の性質上、自分を中心とした円運動をする相手にはまずあたりません。
置き攻撃ならあたりますが、下降も同時に始まっているため、普通の置き攻撃も非常に当たりにくいです。
当たるのは上下判定のある置き攻撃(氷柱や鎌)や、広範囲攻撃(ボム)、本体から射出されない誘導武器(マインやブレス龍など)ぐらいです。って多いかw

そんなこんなで、空中ダッシュ攻撃の先出しは意外と安全です。空中横移動が速い機体だと、その間テレビを見てられるぐらい安全。
特に当たらないのはダッシュ攻撃ですね。ダッシュ攻撃を降下中の相手に当てることは非常に困難(高度を合わせて、射出点が相手に重なるぐらい近ければ当たる)。

とは言えその後に着地の硬直が待ってます。これだけはどうしようも無い。
逆に言えば、着地の硬直のない機体は空中ダッシュ攻撃したい放題ってこと。テムジンとかテムジンとかw

そんな空中ダッシュ攻撃を叩き落すにはどうすればいいのか?
答えはフォロースルー中に当てるです。空中ダッシュのフォロースルーは完全な直線移動です。あとは軸さえ合っていればかならず当たるということ。
しかしこれに当てるには早めにこちらも反撃する必要があり、相手の攻撃を回避してからではまず間に合いません。
相手のダッシュ攻撃を避けながら、反撃する必要性があるってこと。
つまり、軸をずらしながら撃てってことですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック