オラタンに存在する特殊な誘導武器

特例の前にまずは基本を押さえましょう。

オラタンの射撃が持つ誘導に関する要素は
1)弾の誘導性能
2)射出角度
3)射出位置
4)初速
5)加速
6)誘導開始距離
7)ロックオンの有無
この7つです。

普通の攻撃はロックオンしている場合
相手の方向に向かってまっすぐ射出され、射出直後に相手を追尾します。
ロックオンしていない場合は
自機の正面に向かって射出され、相手を追尾しません。
そしてロックにかかわらず上下追尾は必ずします。
ですが、これに従わない武器が山ほどあります。

・テムジンの縦カッター
ロックオンしている場合相手に向かって射出され、ゆっくりとホーミング。
その後一定距離進むと2段誘導が自動で掛かり、誘導性能が向上して相手を追尾。
射出時は遅く、だんだんと加速。
ノーロックだと自機正面に出て直進。
しかし2段誘導はノーロック時でも発動し、敵機がカッターの近くにいると、そちらに向かって誘導を開始。

・立ちLTボム
バウンドしながら進むが、誘導は普通。

・空中バックボム
射出後静止。時間経過もしくは敵接近で爆発。停止前は敵の弾にも反応して爆発するが、停止したあとは敵本体が近づかないと爆発しない。

・スペの大玉、小玉
これもテムジンのカッターと同じで、一定距離進んだあと2段誘導を開始。ただし向上するのは追尾性ではなく弾速。
そしてノーロック時の挙動が少し違う。ノーロックでは自機正面に直進だが、敵機が近寄ると射出距離に関係なく1回だけ誘導開始。距離が離れるとまた直進する。

・封印弾
右は大玉小玉と同じ。左は標準の性能。

・鬼火
大玉小玉とほぼ同じだが、ロックでもノーロックでも射出直後は自機正面に直進。右旋回だと右に左旋回だと左に広く拡散する。

・立ち鎌 立ちターボ鎌
ロックでもノーロックでも必ず自機正面に射出。一定距離進んだあと追尾開始。ノーロックでは追尾なし。
しゃがみ鎌は敵正面に射出され、一定距離進むと2次誘導。

・しゃがみターボ鎌
上空に全く判定がない。低空ダッシュでも回避可能。追尾はしゃがみ鎌と同じ。

・ダッシュ鎌
立ちは下に追尾せず、判定も下にない。スラは下に判定があるので段差の上から撃っても当たる。

・立ち釘、ジャンプ釘
普通に射出されるが、途中で一旦遅くなり、2次誘導して追尾。

・レーザー系
ロックノーロックに関係なく常に自機正面に直進するものと、ある程度射角補正を行って相手の方向に飛ぶものがある。主に立ちは後者で、しゃがみは前者であることが多い(テムジンと10・80とシュタインは逆)。
ジャンプレーザーはロックしている場合だけ上下の斜角補正をして自機正面に出る。

・ライデンのしゃがみグラボム
普通の誘導方法だが、壁にあたっても爆発せずにスライドして迂回するという特徴がある。

・バックスラグラボム
多分全武装中一番狂っている追尾性能。バウンドしていて、バウンドするたびに2次誘導がかる。その上壁に当たると反射して一定距離進んだあと、再び追尾開始。
これの軌道を正確に予想するのはまず無理。
無理やりノーロックで撃つと、直進して反射だけする。

・斜め前レーザー
相手の両脇に向かって射出され直進。相手が動かないと当たらないが地上ダッシュにはかならず当たる。

・ターボバズーカ LTバズーカ
ロックだと相手に向かって直進後、敵との距離が短くなると誘導を開始。ノーロックでも直進後相手に近くなると曲がる。
しゃがみも同じ。ただしLTは射角補正のみで直進。
(置き武器としては理想的な性能な気がする)

・バルの立ちマイン
これも非常に特殊。ロックでは普通に相手に向かって射出される。
ノーロックだと、自機正面ではなくて斜め右前に進む。そのせいでマインを射出したあと前ダッシュしてもマインと違う方向に進む。

・ウニ
3個でる内、真ん中の一つだけ誘導方法が違う。基本は小玉と同じで、ロックしたら最初から追尾、ノーロックだと直進2回バウンド後に2次誘導だが、2次誘導がかかる敵までの距離が真ん中の1個だけ長い。

・大マイン
グラボムと同じで、障害物を迂回して追尾。

・ビット
ノーロックで設置するとその時の自機正面を向いて固定。ロックしているあいだは相手の方向に向き続ける。
ロックを外すと、直前に向いていた方向で固定。
上下はノーロックでも向く。
基本的にビットの方向に攻撃をだすが、ウニだけは自機の方向に依存して撃たれる。

・各種拡散リング
中央を相手に向かって射出し、周辺リングは中央の射出角度に従って直進。一定距離後誘導開始。

・サイファーのフォース
斜め後ろに向かって射出され、一定距離までは超追尾する。その後緩く追尾する。バックスラはその初期距離が長い。

・LTバルカン
ロックでも直進。200程度から急激にホーミング。しゃがみも同じだが弾速が早い。

・立ちターボホーミング・ダッシュホーミング
上方に射出され、相手が着地点となるような軌道で山なりに飛ぶ。

・ジャンプターボホーミング。空中ホーミング。
真下に射出後、上下に超追尾して地面すれすれに相手に向かう。

・エンジェランのジャンプ大氷柱
直進後一定距離から追尾開始。その後一定距離進むとホーミングしなくなり直進。

・立ち大氷柱
一定距離直進後停止。そこから追尾開始。

・ダッシュ氷柱
クリスタル状態では直進。氷柱になるとゆるく追尾開始。

・コンペイトウ
バックスラ以外は拡散して7発が直進。そのうち中央の3発だけが相手を追尾。
バックスラは5発全部が敵を追尾するが、左の2発がない。
ジャンプは5発だが、追尾するのは3発だけ。

・ジャンプ双竜
射出後一定時間自機の動きに連動。ノーロックでも追尾する。

・前系ダッシュ龍
一定距離直進後、加速しながらホーミング

・斜め前スラ龍
相手に向かって直進後全く追尾しない。

・フェイのターボハンド
ロックしてても直進し、ある程度の距離で一度だけ射角補正。その後再び直進。

・バトラーのLT竜巻、立ち肩ボム
ノーロックでも射出後すぐに追尾開始。

・LTRTマシンガン
ライデンのターボバズと同じ。

・ストライカーの置きグレ
射出直後に停止しかし方向の追尾だけは続ける。一定時間後射出され、その後は直進。

・RTグレネード
分裂弾はノーロックで拡散。爆発する方はノーロックでも相手が近くに来ると1度だけ射角補正。

・コマンダーの横・斜め後ろカッター
上には追尾するが、下に全く追尾しない。斜めは肩の上=低い障害物をちょうど超える高さで射出。ラムと同じ高さなので、相手がダッシュしていると絶対に当たらない。
横は右ダッシュだと腰の高さ。左ダッシュだと肩の高さで、これも低い障害物を越える
他の方向はちゃんと下に追尾する。

・ダッシュマチェット
左右のダッシュで投げ方が異なる。右方向(斜め後ろを含む)だと水平に投げるため横判定が強く、左方向だと斜めに投げるため上下判定が強い。斜め前はどちらも横投げ。前は横。後ろは縦。

・スライドマチェット
右歩きだと横投げ。左歩きだと縦投げ。斜めや前後は横投げ。

・ドルドレイのドリル
射出直後は自機正面に直進し、加速しながら相手に向かって誘導。壁に刺さると急激に速度低下し、方向追尾を続ける。壁から出たあと、本来その距離進んだ時の速度に戻るため、急激に増速。ノーロックでも追尾。
しゃがみは相手の方向に射出され、ノーロックで直進。

・RTドリル
正面に射出後ゆるく追尾し直ぐに静止。静止中相手を追尾し続けて、再射出後も追尾しながら進む。ノーロックでも追尾する。
ただし静止時に加速がリセットされるため、あまり強くない。
しゃがみはノーロックで直進。

・ハリケーン
立ちもしゃがみもロックしていても自機正面に射出し、敵方向にゆるく追尾。ノーロックでは追尾なし。射出途中でロック状態が変化するとすると、それ以後の弾の挙動は変わる。

・ターボハリケーン
ノーロックでも一定距離進むと相手に向かって追尾開始。

・バーナー
若干の射角補正のあと直進し、決まった形に山成で射出される。後半射出された弾も射角補正を受けるため、先端が若干曲がる。

・シュタインの前ダッシュレーザー
上下の射角補正が全くなく、相手に向かって直進。敵機にあたっても玉が消えずに貫通する。

・前ダッシュメロン
1回目のバウンドまでは相手に向かって直進。2回目からゆるく誘導。ノーロックでも2回目の誘導は発生。

・メロン
大玉と同じ。

・フォース
正面と斜め上に射出。サイファーのフォースと違って最初の超誘導が存在しない。

・空中バックボム
テムジンと同じ。

・グリスの核
上に向かって射出され、横方向だけ追尾する。一定時間後下向きに変化し、横追尾しながら落下。ノーロックでも追尾。

・立ち右
ロックしいても自機正面に射出。100程度から急激に追尾。

・しゃがみRTナパ
ロックに関係なく直進。爆風が出たあとに弾が出現し、一定時間静止しながら追尾。一定時間後相手を追尾しながら進む。ノーロックでは追尾しせず、自機と出現した弾を結ぶ線を直進。

・LTマシンガン
共に敵に向かって直進するが、射出覚悟が右は狭く、左は広い。

・立ちミサイル
1セット目より2セット目が曲がる。ノーロックの場合2セット目は直進、1セット目は1度だけ二次追尾して直進。

・しゃがみLTミサイル
放射状に直進したあと超追尾。その後追尾しなくなる。

・RTミサイル
ロックでもノーロックでも一定距離直進後追尾。

パット思いつくのはこのへん。同じ誘導方式で省略したものや、忘れてるのがあるかもしれない。
誘導方式が多彩なのがオラタンを面白くしてる最大の要因だと思う。
ほかのゲームだとほとんど同じ軌道で飛ぶから面白く無い。
つーか普通に飛ぶ武器のほうが少ない気がw

誘導が違う武器を混ぜたほうが当然回避は難しくなるから、ある程度意識するといいかもね。
例えば、フェイでカッターからターボハンドにつなげると、カッターは相手に向かって飛ぶけど、ハンドは自機正面に飛ぶなんてことも出来る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック