胡桃割り動画 〜はやみかさんのおうち〜

アクセスカウンタ

zoom RSS カリブイグサ交易

<<   作成日時 : 2013/03/27 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かつては60kと狭織・湖筆並の高値で売れたカリブのイグサ。
さて今はどれぐらいで売れるのかなと試してみたら・・・。

同盟港で36kって・・・。
う〜んイベリアで売る二軍級南蛮品(火縄銃とか)と同じじゃないですか!
微妙すぎる。

一応、長崎からセビリアに行くより、サンフアンの方が3分ほど早くつくけど、暴落耐性も無いしなぁ。
これなら火縄銃持って帰ったほうがいいよ。
そのままパナマ運河使ってアカプルコで積み込めば、トータルで10分程度短縮できるのは利点ちゃ利点だけどねぇ。

ちなみにアフリカ東岸は18kでした。
マジありえない安さ。
インドに持っていく羅漢果と同じってw
ま〜でもポル国籍ならありなのかな?
最近Eurosではインド東岸がイングに占拠されてるしねぇ。

こうなるとイスパニアで強い南蛮航路は提灯をイタリアで売るのだけになるっぽい。
しかしこれも微妙なんだよな〜。
提灯の交換がわりと難しいし、イタリアで売ってパナマ運河や、直接喜望峰やマゼラン海峡を使っていくのは大きなロスになってしまう。
結局スエズを使うことになるけど、それだと積出港がポル旗やイング旗なんだよなぁ。

イスパニア人だけが独占的に使える高効率の南蛮航路は存在しないねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カリブイグサ交易 胡桃割り動画 〜はやみかさんのおうち〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる